/**/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/**/
前略あさみママ
ママが日本に残る最大の謎、伝説のUMAヒバゴンを捕獲して一旗揚げると言い残し
中国地方の山中に消えて行かれたのは去年の夏の盛りの事でしたね。
山中で偶然発見された金鉱脈でとれたという黄金、ありがたく受け取りました。
叩いて伸ばして加工するのに大変苦労いたしましたが
それを使って今年のゴールデンウィーク用の衣装をしつらえることもできました。
160503_001.jpg


衣装はあっても営業のほうはさっぱりで
相変わらず兼業農家として自分たちのくいぶちを細々としのいでいる毎日ではありますが
こちらでは田植えも終わり、やっと一息ついているところです。
160503_002.jpg


そんな最近のヒゲモグラ

160503_004.jpg
亀山先生「・・・ええっ、そうなんですか!いつ!」

160503_008.jpg
亀山先生「いや、、、そうでしたか、、いえいえ、ほんとわざわざ有難うございました」
亀山先生「はい、はい、いやほんと、どうぞシムオーナーによろしくお伝えください」


160503_010.jpg

亀山先生「し、白月くん!白月くん大変だよ!」
亀山先生「そんな横山たかし師匠みたいな衣装でうどん掻き込んでる場合じゃないよ!」


160503_013.jpg
白月「誰が横山たかしやねん」
白月「『笑えよ~』言うたんか、あたしが、いつ」
白月「しらんで、そんなん最近の子はもう」

亀山先生「いや、横山たかし・ひろしのことはそんなに重要じゃないよ!」
亀山先生「そんなことより!!」

160503_012.jpg
亀山先生「そんなことより!!」
亀山先生「いまSlingのお使いの人が来ていたけれど!!」

亀山先生「このシムなくなるってホントなの!!!!!」

160503_014.jpg
白月「本当です(きっぱり」
亀山先生「あ、あっさりと言ったね」

160503_016.jpg
白月「いやー、創設時のKABUKIに始まり、そのあと一瞬現れたヒゲモグラシムも合わせると三つ目の消失ですからね」
白月「長くSLやってると大なり小なりみんな経験していることでしょー」
白月「なんていうか、もうほんといっぱい遊ばせてもらったし」
白月「楽しいこといっぱいあったし、寂しいけれど清々しくもありますよね」
白月「ほんまマジ、シムオーナーありがとうって気持ちですよ」

160503_017.jpg
亀山先生「そんな、、そんな、、じゃあこれからはどこで暮らしていくつもりなんだい!!」
白月「んーーーそうですねーー、まあ友達んちに入り浸ってもいいですしねー」
白月「まーどっかこっかありますよきっと」
白月「路上生活でも寒くない時期でよかった」

160503_012.jpg
亀山先生「そんな・・・そんな・・・」
亀山先生「君はいいよ!!どこでも飛べて!!僕はどうなるんだい!!」
亀山先生「持ち物にしまわれてそのままだろどうせ!!」
亀山先生「そして君がどんどん増やしていくガチャの景品に上からぎゅうぎゅう押しやられて!!!」
亀山先生「そのうちインベントリのどこにあるかもわからなくなってしまうんだ!!」

160503_021.jpg
白月「・・・・ありえますね」
白月「じゃああれだ、背負っててあげますよ装着して」
白月「装着先はどこがいいですか、肩ですか、耳ですか」
白月「どうしてもっていうなら口に装着してやってもいいですよ」

亀山先生「そんな・・・・そんな・・・」
亀山先生「そんな、一回装着してSS撮ったら満足して速攻取り外されるガチャ景品のような生活はいやだよう…」



と、いうことで夏にはなくなるらしいです
Sling
今まで長い事ありがとうね、なかとくん。

そして今後どうなるショーパブヒゲモグラ!!
夏まではまだ生きてるよ!
ヒゲモグラはまだこちらから―!!(営業しているとは一言も言っていない)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://maps.secondlife.com/secondlife/Chirihama/154/208/21

以下おまけの追記で、シムオーナーから届いたお知らせ全文と
その後の白月との会話
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【重要なお知らせ】

SLingはオープン以来皆様のご厚情をいただいて今日まで活動を続けて参りましたが、7月31日をもちましてSIMを閉鎖し、土地のレンタル業務を終了いたすことになりました。
皆様の長年にわたるご愛顧に心から感謝申し上げますとともに、皆様の今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます。
まずは略儀ながら書面にて閉鎖のご挨拶を申し上げます。

閉鎖の理由といたしましては、「体力の限界…気力もなくなり引退することになりました」
入幕わずか1年で急成長を見せていた貴花田との一戦。この敗戦でも、なんとかSIM存続に向けて気力を振り絞り頑張ろうと思っておりましたが、二日目…前頭4枚目、板井との一番。勝利はすれど、危なげな一戦。はるか格下の相手に押されている自分に、最強の横綱として君臨してきたこれまでの相撲人生を照らし合わせ、重くのしかかる重圧の中、
「久美子…、明日負けたら相撲辞めるかもしれない」
と妻に初めて「引退」の一言をほのめかしたのであります。
「負けたら引退する」
その覚悟で三日目の土俵に上がりました。
相手は新鋭の小結、貴闘力。
私はその二時間後、この手紙を書いています。

石の上にも三年。SLing9年。AKB10年と、AKBに及びませんでしたが、「努力は必ず報われる」と信じ、次期総監督には横山由依を推薦いたしましたが、連絡先も知らないので、SIMを閉鎖いたします。

今後の予定としては、
5月、6月、7月はこれまでの住人の皆様は、今まで通りご利用いただけます。
7月31日にて、土地レンタルを終了いたします。
その後、8月は中旬までSIMは存在しますので、サンドボックスとして、誰にでも利用できるように開放させていただきます。

何もしない運営者でしたが、皆様のご協力のもと、これまで頑張ってこれました。
ご連絡が遅れましたのは、Noticeの送る方法を忘れていたからです。
SIMは閉鎖いたしますが、今後も、皆様とグッピグができれば幸いです。

花がひっそり枯れるのは
悲しいことじゃないんだよ
一生懸命 咲き続け
その役割を 今 終ーえたんだー

次の季節はー(代ーわーりーにへ) どこかで咲くよー(だーれーかーがー)
永遠よりもー美しいものー
生ーまれー変わーる勇気ー

私はSLing卒業後、ソロとしてSL女優業に頑張ってまいりたいと思います。


平成27年4月30日
nakato Howitt


なかとくん「シムはなくなっても」
なかとくん「ちゃんと文面を読めば」
なかとくん「親方としてやっていくという意思が入っています」

白月「読んでない」
白月「気力体力ってあたりまで読んでもういっかなって」

なかとくん「いやいやいやいやいや」
なかとくん「そのあとの」

白月「久美子?」

なかとくん「妻、久美子とのやりとり」

白月「やはり」
白月「そこ渾身の気合を感じた」

なかとくん「そして横山由依の」

白月「そこはもう読んでいない」


以下延々と竹本ピアノのCM話
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://higemog.blog99.fc2.com/tb.php/526-323a3191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 セカンドライフ =ショーパブひげもぐら= ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。